スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログタイトル変更

長いことブログを放置してたものの、最近落ち着いて時間が取れるようになったので、書きかけで未公開にしたものも含めて、またぼちぼち書いていこうと思ってます。さっそくブログのタイトルから変えました。好きな詩人タゴールの一節からとった言葉です。

When thou commandest me to sing, it seems that my heart would break with pride; and I look to thy face, and tears come to my eyes.

All that is harsh and dissonant in my life melts into one sweet harmony --- and my adoration spreads wings like a glad bird on its flight across the sea.
*snip*
GITANJALI, Rabindranath Tagore

あなたが歌えと命じる時に、私の胸は誇りにはり裂けそうだ。わたしはあなたの顔に見入る、すると涙が私の両眼につき上げる。

私のいのちの粗野なもの不調和なものがすべて甘美な調和に融ける ーーー そうしてわたしの讃仰は海をよぎって飛ぶ喜びの鳥のようにその翼をひろげる。
* 以下略 *
山室静 訳

バングラデシュの西クシュティア (Kushtia) 郊外に、タゴールが執筆活動をしたと言われる別荘があります (クティバリ)。町からリキシャで船着場に行って船で渡り、それからまた10分以上リキシャに乗るので、団体旅行の観光はまず無理、ってなくらい辺ぴなところですが、ひたすらのどかで時間が止まったみたいな感覚になります。昔からこういう風景だったんだろうな。そよぐ風に身を委ねていると、まさしく、「私のいのちの粗野なもの不調和なものがすべて甘美な調和に融ける」ような、癒される気持ちになりました。そのときの気持ちを思い出す意味も込めています<タイトル。


旅行が好きで時間があって、人が好きで、どこでも行く冒険心がある人なら、ベンガル地方の田舎はお薦めです。人はおおらかで純粋だし人懐っこいし。でも最近はご時世でしょうか、治安も悪化しているので、対策は万全に。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackback

Trackback URL